※全地方大会のエントリーは締め切りました。

 

KOTOBA Slam Japan

 

「できない」から始めよう

「しかたない」を楽しく超えていく

可能性はKOTOBA

個と場をつなぐ、KOTOBA

 

 


 

2020年、日本に、新しい言葉の「スラム」=大会が発足します。

「KOTOBA Slam Japan」

出場者が、ポエトリーリーディングをはじめとした様々な言語パフォーマンスステージを

競い合い、そしてそれを観客=視聴者の皆さんはオンラインで楽しみ、ジャッジする、

現場とオンラインのハイブリッドで開催される、まったく新しい形のスラムです。

 

このスラムで優勝した方は、2021年5月にフランス・パリにて開催予定の

「ポエトリースラムW杯」へ日本代表としてご出場いただくことができ、

その渡航費、滞在費は当スラム、パリW杯にて負担いたします。

日本ではまだ一般的には馴染みのないポエトリーリーディングをはじめとした言語表現パフォーマンス、

そして「スラム」文化を一人でも多くの方に知ってもらい、楽しんでほしい。

人とのふれ合いの機会が限られてしまう今だからこそ

安心して言葉を交わしあえる場へ、個が集う意味がある。

 

この気持ちを原動力に、この苦難多き2020年に、あえて私たちは笑顔で挑みます。

 

できない。そこからスタートする。

しかたない。だからやってみる。 

可能性を探求する私たちの「KOTOBA」がもうすぐ始まります。


2020, in Japan, a new Poetry Slam is born.

KOTOBA Slam Japan.

 

Participants compete through poetry performances––or any type of verbal, language-based performance––and members of the audience can enjoy online and get involved as judges. This new-form competition will be hybrid, bridging online and in-reality performances, as health and safety allow.

 

The national winner of KOTOBA Slam Japan will advance to the world finals, the Coupe du Monde de Poésie in Paris, France in May 2021, with travel expenses (airfare and lodging) covered by KOTOBA.

 

For Japan, this poetry-rooted word performance style is something new, and we’re bringing it in the hope that the culture of slam poetry will continue to take root, evolve, and motivate everyone here to spin up their finest words and throw down some fun on stage.

 

It’s precisely now––when there are so few chances to get together––that we need a safe space to share words and express our individual flavor and thought.

 

This is the spirit that moves us, overcoming the insanity of 2020––language power bringing out that shine of the human smile.

 

Feel like you’re at your limit? It’s time to start things up.

Feel like things are impossible? It’s time to try.

 

 

This is our space, and your chance to push your own limits – here comes KOTOBA.